セフレ探しのテクニック

忘れた頃に連絡をしてくる女は絶対に逃すな!

 

出会い系では、やり取りがぷっつり途絶えた相手から、突然メールが届くことがある。こういったケースは「美当たり」の可能性が高い!

 

なぜか!?

 

それはブランクを空けて連絡しても返信がくると信じて疑わないのは、日ごろから周囲にチヤホヤされワガママの許される環境にいるからだ。

 

この手のメールに

 

 

久しぶり〜、元気?


 

のような、罪悪感の欠片も無い文面が目立つのもそのためである。

 

 

一度途絶えたやり取りを再開してくる理由はいろいろあるのでしょうが、結局のところこういう自己中心的な行動をとるのは、いままで多少のワガママがゆるされてきた背景があるこそだ!

 

この手の女は美人がダントツに多い!チャンスを逃すな!

 

 

ライブチャットの主婦をオトす術!

 

有料のライブチャットといえば、相手はバイト嬢。いくら画面の向こうでオナニーを見せてくれようとも、いざ会うなんてのは絶対ムリな話と考えられている。

 

ワシはもう8年近く「おしゃべりチャット」というライブチャットをやっているアラフォー男だが、これまで20人はどのチャット嬢とデートに至っている。

 

 

ワシがターゲットとするのは、平日の昼間に出没する、20代後半から40代前半。ダンナと子供を送り出してからバイトにいそしんでいるタイプだ。

 

もちろん地域は近場の埼玉県。

 

 

その中から、エロを前面に打ち出している子を排除していく。ライブチャットにはエロ見せではなく、ただ会話をするだけの子もたくさんいる (だから人気がなかったりするだが・・・)。

 

チャットするにあたって、自分の顔出しと声出しは必須だ。そして話題は下ネタ厳禁。子どもネタを中心に話する。

 

 

「子ども、生意気な時期でしょ」


 

とか、

 

 

「男の子だといまどんなアニメが好きなの?」


 

とか、そんな感じでオッケー。

 

 

あたかもフーゾク嬢と会話だけして帰るカモ専のようだが、彼女らがフーゾク嬢と違うのはプロ意識の低さだ。

 

金を払ってチャットしている客にすぎないのに、なぜか「私をわかってくれる男性だわ」と心を許すのだ。

 

 

勝負は30分で決める。

 

 

「昼間にお茶でもしたいよね〜」


 

と、あくまで下心なさげに持ちかける。これでムリなら次へ行くのみ。8年間で20人という微妙な数字はこのへんから来ている・・・。

 

会ってからはグイグイ攻めるのみでいい。お茶してすぐラブホ直行が正解だ!

 

ミントC!Jメール

俺がもっぱらお世話になっている出会い系はミントCだ。新規の女も定期的に食えているので、今では欠かせないツールになっている。


ミントCの場合、日記は書くのも読むのも完全にタダなので、最初のうちは練習のつもりでどんどん書いて腕を磨いてほしい。


ハッピーメール

ハッピーメールで狙うのは精神が病んでる感じの、いわゆるメンヘラと呼ばれる連中だ。


これら書き手の、過去の掲示板書き込み履歴をチェックすると、援交しているかどうかがわかる。彼女らメンヘラ援交とタダでセックスをする、それがワシの手法だ。


PC MAX

あくまでワシの経験則だが、PCMAXにはどこか頭のユルイ女が多いように思う。


いわゆる下流系とでも言うのか。まずは、ピュア・アダルト両掲示板の「スグ会いたい」「今ヒマ」コーナーに以下の書き込みを載せてみよう。

好印象を与える8つのテクニック

自分の話し2割、相手の話し8割

自分の話しばかりしないということが大切です。相手の趣味や興味がある事を中心に話題を広げてあげて、相手中心の話題が8割で、自分の話しは2割程度を目安にしましょう。

 

相手と自分との共通点を見つける

会話の中で、相手と自分との共通点を見つけて大きくアピールしましょう。そうすることで、相手はあなたに親近感を持つでしょう。例えば、出身が同じなら、母校の話題で切り出し「俺も○○出身だよ!あの店知ってる?」などです。

 

募集の書き方は、爽やかに

まじめ過ぎたり、暗い感じのにならないようにしましょう。間違ってグチなどネガティブな話題をださないように。女性は、楽しい気分にさせてくれる男に好感を持ちます。

 

エロい話題をふってみる

手探りで会話のやりとりをしていて、「少し盛り上がりに欠けるなー」っと思った時は、エロい話題をふってみましょう。盛り上がらなければ、脈が無いと思ってあきらめましょう。盛り上がらない一番多い原因は、「まじめ過ぎてつまらない」というものが多いようです。

 

エロい話しばかりをしない

会話は盛り上がるかもしれませんが、エロい話題ばかりでは「ただセックスがしたいだけ」の下心だけの男に思われてしまうかもしれません。実際に会うことになった時には相手の警戒心が強くなってしまいます。したがって、エロい会話は補助的に盛り上がりに欠ける時などに使うのが良いでしょう。

 

自慢話は程々に

アピールポイントを伝える事は大事ですが、それが自慢になってしまったら、相手は嫌悪感を持ちます。そうすると全てが台無しになりセフレ探しどころではなくなってしまいます。

 

専門用語やむずかしい言葉を多様しない

男性はつい、頭の良さをアピールしようとして、むずかしい言葉や専門用語などを使いたがる傾向がありますので、心あたりがある方は注意してください。誰でもわかるような言葉で伝える事が大切です。

 

上手に相手を褒めてあげる

女性は自尊心が満たされない子が多い傾向にあります。相手を上手に褒めることができれば、楽しい気分になって、あなたに好感を持つでしょう。人は存在を認められたい生き物です。

トップへ戻る